ノミ・ダニ予防

ノミ・ダニとペットの正しい飼い方についてご説明いたします。

 

ノミダニ01Q:ノミがつくと、ペットはどうなってしまうんですか?

■激しいかゆみ、さらに重大な被害も

動物がノミに刺されると、激しいかゆみや精神的ストレスを受けます。
さらには重大な病気を引き起こしたり他のペットにうつしたりする恐れもあります。

 

Q:重大な病気って、どんなもの?

ノミダニ02■深刻な症状がみられる、以下のような病気が。

ノミアレルギー性皮膚炎
激しいかゆみや湿疹、脱毛などが主な症状。
一度この状態になると、その後はわずかなノミの寄生でも皮膚炎に悩まされます。

瓜実条虫(サナダムシ)
体長50cm以上になることもあるサナダムシ。
条虫の卵を宿したノミを、さらに犬や猫が食べてしまうことにより寄生。
下痢や嘔吐の原因になります。

 

Q:ペットのノミは、人間にも影響があるのですか?

■人に被害をもたらすケースもあります。

猫ひっかき病
感染した猫にひっかかれたり噛まれたりすると、リンパ節が腫れて発熱や頭痛を起こすことがあります。

 

Q:ノミは繁殖力がスゴイって、本当ですか?

■寄生後24~48時間で産卵、気温13℃以上で繁殖を繰り返します。

犬や猫に寄生したノミの成虫は、24~48時間後にその体の上で卵を産みます。
卵は体から落下して、ペットの寝床やカーペット、畳などでふ化。成虫となり、再びペットに寄生します。
そしてその成虫がまた産卵・・・。
このライフサイクルは気温が13℃以上あれば活発化するため、1年の大半の時期で
ノミは繁殖を繰り返すことができるのです。

ノミダニ04

ノミダニ05

 

こんなことがあったら要注意

ノミダニ06

 


 

資料提供
販売 日本全薬工業株式会社
製造 メリアル・ジャパン株式会社
提携 メリアル

Copyright© 北小岩動物病院 / 江戸川区北小岩の動物病院 All Rights Reserved.